ことぽらのフィギュア制作

ガレキディーラーことぽらの制作ブログ。 製作ツールはMAXとMODOと3DCOAT

フィギュア制作に使っているものまとめ  

メインのスカルピー。石粉粘土より高いけれども、オーブンで固めるまでは自由に造形可能、石粉粘土のような乾燥のロスが少ない、ということで愛用してます。


自分はこの二つを6:4くらいで混ぜ合わせて使ってます。
下の肌色スカルピーは柔らかくて造形しやすいのだけれども、脆い上に形がわかりにくい、
上の黒いスカルピーは色のおかげで見やすいけれども硬すぎて造形が大変、ということで混ぜて使ってます。
この辺の比率とかは好みによって変えてください。
値段+オーブンが必須ってことで初心者には敬遠されがちなスカルピーですけれどもわりと使用感は初心者向きなんじゃないかと。納得がいくまでとことん造形ができるし。

スカルピーは肌のような柔らかい質感を出すには最適なんだけれども、金属のような硬い素材には不向き。硬い素材にはファンドである程度形作って、ヤスリで形をだすとキッチリきまる。スカルピーはヤスリとの相性があんまり良くなく、すぐヤスリの目が詰まっちゃうのでカッチリした形を作るのは難しい。
あとスカルピーは脆い!髪の毛なんかの薄いパーツはスカルピーだと辛いかも。パテとかファンドの方が安定する。あとマントなんかのひらめいてるパーツはパテで土台作り→スカルピーで細かく造形してる




あとメインのスパチュラはこれの一番左をメインで使ってます。正直右二つは使ってないんだがいい形のがバラ売りしてなかったので…あと矢じり型のが一本あるといいですね、髪の毛とかの溝を掘る時に使う。




原型に塗って傷や形を見やすくするサーフェイサー。サーフェイサーを吹いてみると原型が案外ボコボコでショックだったりする。




瓶入りでもいいんだけど、スプレータイプの方が楽。
原型の傷、凹んでいる場所などに瓶入りサーフェイサー、もしくはパテなどをたっぷり塗ってヤスリをかける、を傷がなくなるまで繰り返すと綺麗な原型が出来上がるよ
瓶入りサーフェイサーは乾燥するとかなりヒケるのと乾燥が遅いので何か別のいい方法がないか模索中。
モリモリとかだとヒケないんだけど匂いがなぁ…



型取り編
ねんど。


これが一番形離れが良い。型取り用の緑色粘土はめっちゃこびりついて泣いた記憶が


シリコン。シリコンはめっちゃ使うので安さ重視で!使用感はまあまあ。硬さが時期によって違うのは気にしない!

レジン

180秒と長めの硬化時間はありがたい。
120秒タイプだと流している間に固まる事が多々あったので…


とりあえずこんな感じで羅列してみた。
なんか他にも紹介してほしいとか、作り方リクエストとかあればコメントまで
スポンサーサイト

Posted on 2013/10/12 Sat. 04:43 [edit]

category: フィギュア制作についてのあれこれ。

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotopora2.blog.fc2.com/tb.php/24-aa449147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

カテゴリ

訪問者数

最新コメント

Twitter

メールフォーム

リンク

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード


▲Page top